プロジェクト2020の英会話番組を見る前に!サチン・チョードリーを知ろう。

日本も含め世界で活躍するサチンチョードリー氏は、過去に「カンブリア宮殿」などのテレビ出演や著書を多数出版しているインド人の実業家です。

サチンチョードリー氏の著書は、どれも読者からの評価が高く人気があります。読者の仕事・人生などへの良い刺激や影響を与え導いてくれるでしょう。

そこで今回は、サチンチョードリー氏の著書に注目してみました。

プロジェクト2020の無料メルマガ登録はこちら

サチンチョードリー氏について

 

まずは、著者であるサチンチョードリー氏についても知っておきましょう。
彼は1973年にインドのニューデリーで誕生しました。小さい頃に父親に連れられて日本に初来日したことがきっかけで日本に興味を持ったそうです。一旦はインドへ帰国するも1996年に再来日を果たします。

 

しかし、再来日当初は言葉の壁・差別などでサチンチョードリー氏は不遇の日々を送っていたそうです。それでも彼はあきらめず、懸命に仕事をこなしていたある日、運命の出会いともいえる「ジュガール」の教えを受けることになります。この日を境に、サチンチョードリー氏は成功への道を歩み始め現在の地位についています。

 

現在のサチンチョードリー氏は、法人や個人向け経営コンサルティング、セミナーや講演などを行なうAVS株式会社代表取締役会長という肩書きや、鳥取県地域活性化を目指す株式会社ITTR代表取締役社長などの肩書きを持ち、他にも複数の会社を経営しています。

上場企業など企業コンサルタントやアドバイザーとして活躍もしており、まさにマルチな才能を持った成功者という感じですね。では、ここからはサチンチョードリー氏の著書について知っていきましょう。

 

プロジェクト2020の無料メルマガ登録はこちら

サチンチョードリー氏の著書について

 

サチンチョードリー氏の著書のほとんどはフォレスト出版から発売されています。

 

フォレスト出版とは、ビジネス書や自己啓発書を中心に出版する出版社のようです。本の出版のほかにセミナー・イベントなども開催しているようです。公式サイトやブログなどで情報発信もしているのでチェックしてみると、気になる本が見つかるかもしれません。

 

では話を戻して、早速サチンチョードリー氏の著書の中でも特に人気のものを紹介していきます。(複数の著書があるため、数点以外はタイトルのみの紹介になります)

 

大富豪インド人のビリオネア思考

 

サチンチョードリー氏自身も影響を受けたインドに伝わる成功法則「ジュガール」についての本です。日本で初めてジュガールを伝えたということでロングセラーになっています。実際に読んだ方のレビューを見てみると「ジュガールって魅力的ですね」「「お金持ちになる」ということに特化している」「いろいろと学ぶことが多い」と言った声が見られました。

 

世界のお金持ちがこっそり明かすお金が増える24の秘密

 

著者が大富豪たちから学んだ「お金が増える秘密」をシェアしているという内容の本です。書いてあることを行動に移つすことで、お金に対する考え方がこれまでとは変わり、自然とお金が入ってくるようになる・・・と紹介されています。

実際に読んだ方のレビューを見てみると「お金持ち入門編」「あたり前のこと、わかっていることでも進めないひとへのメッセージ」と言った声が見られました。

 

これからの時代のお金に強い人、弱い人

 

実は昔からかわっていない「お金の不変のルール」を、サチンチョードリー氏がマインド・習慣・学び・行動から21のキーワードで提示しているという内容です。別コンテンツとして、あの有名な世界三大投資家として知られるジム・ロジャーズ氏のシークレットインタビューも収録されているということで人気です。

実際に読んだ方のレビューを見てみると「多くの投資家を育ててきた生の本当の話が書いてあって、なるほどと思います」「投資をしようとお考えになれている方や、つまづいている方にはぜひご一読いただきたい」と言った声が見られました。

 

インド人大富豪 成功の錬金術

 

仕事を成功へ、そして人生に幸せをもたらす「ジュガール」の秘法をすべて明かした決定版という著書がこちらです。実際に読んだ方のレビューを見てみると「読んだもの勝ち、全てに精通するもの」「今すぐ行動したくなるぐらい、元気になれます」と言った声が見られました。

 

上記のほかにも『会話はインド人に学べ!』『口ベタでも上手くいく人は、コレをやっている』『頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく』などなど、サチンチョードリー氏は実に多くの著書をフォレスト出版から発売しています。

 

ちなみにフォレスト出版以外からもサチンチョードリー氏の著書が出版されており、『インド人大富豪 成功の錬金術』、共著『WORLD-CLASS LEADERSHIP』、『新興国投資 丸わかりガイド』などがあります。

 

興味のある方は、ぜひ一度手にとって見てはいかがでしょうか?アマゾンなら電子書籍化されているものもありますし、初めのほうだけ少し読めるようになっているものもありますよ!

 

多くの日本人から注目されているのが、さまざまな事業を成功に導いているインド人の実業家でありアバカス・ベンチャー・ソリューションズ代表取締役会長であるサチンチョードリー氏です。大手企業であるパナソニックや富士通などの異文化経営や異文化戦略を指導する国際コンサルタントとしても活躍しています。過去にテレビ出演したこともあり、現在は著書を複数出版し、セミナーなどを開き彼の成功哲学などを広めているようです。興味のある方のために、今回はサチンチョードリー氏の経歴について知っていきましょう。

 

プロジェクト2020の無料メルマガ登録はこちら

サチンチョードリー氏の経歴について

サチンチョードリー氏は、インドのニューデリーで1973年に誕生しました。幼少期に外交官の父親に連れられて初めて日本へ来日したそうです。その当時、ちょうど日本はバブル期真っ只中で、サチンチョードリー氏にとってバブル期の東京で過ごした日々はとても印象深かったんだとか・・・日本からインドへ帰国した後も、サチンチョードリー氏は東京の街がなかなか忘れられず、1996年に再来日を果たしました。しかし、この時期の日本はバブル崩壊後で景気が落ち込んでいた時期でした。

 

サチンチョードリー氏は日本で会社員として働き始めたそうですが、言葉の壁や差別があったそうです。しかし、諦めずに仕事をがんばったものの思うようにいかなかったといいます。そしてこの時期に、サチンチョードリー氏の今後の人生を大きく左右する出来事が起こりました。その出来事とは、印僑大富豪(インドから離れた海外で活躍するインド人)から「ジュガール」の教えを受けたことだそうです。

 

その後、サチンチョードリー氏の仕事での成績が見る見る急上昇しました。そのままの勢いに乗って、会社勤めからの独立と起業に至ったそうです。それから現在に至るまでサチンチョードリー氏は精力的に活動し続け、今のアバカス・ベンチャー・ソリューションズ代表取締役会長やITTR代表取締役社長などの地位を手に入れました。日本を含め海外でも活躍しているそうです。

サチンチョードリー氏のテレビ出演

2010年放送の「カンブリア宮殿」にサチンチョードリー氏が出演しました。この時は、インド人のIT技術者を日本に呼び寄せる事業を立ち上げたことが取り上げられ、鳥取県を一大IT都市にしようという計画を平井伸治知事と進めていた事が注目され取り上げられたようです。放送200回記念と言うこともあり、記憶に残っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

プロジェクト2020の英会話を学びたい人は急ぎましょう!

その他にも「テリー伊藤のマル金ライダー8」「なかよしテレビ」「探検バクモン」などのテレビ番組にも出演しています。ですから、もしかしたら以前にテレビでサチン・チョードリーを見たことがあるなんて人もいらっしゃるかもしれませんね。

サチンチョードリー氏の著書について

サチンチョードリー氏に影響を与えた「ジュガール」の教えや、成功へのアドバイスなどをギュッと詰め込んだ著書が多く出版されています。タイトルを挙げるとすると「これからの時代のお金に強い人、弱い人」「頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく」「会話はインド人に学べ! インドに伝わる人生逆転の法「ジュガール」を応用!」などですね。
どの本も読者からの評価は高く、ベストセラーにもなっています。「この本は多くの日本人を投資家に育ててきた生の本当の話が書いてあって、なるほどと思います」「これから投資をしようとお考えになれている方や、つまづいている方にはぜひご一読いただきたい」などの感想が見られました。
興味のある方は、ぜひ一度手にとって見てください。

 

サチンチョードリー氏と「ジュガール」

 

印僑であるサチンチョードリー氏が、日本で人脈・資金・信用全てがゼロの状態から大成功を納めた秘訣が上記でも出てきている「ジュガール」という成功法則なんだそうです。この「ジュガール」、あまり日本では耳慣れない言葉ですよね。それもそのはず、「ジュガール」はヒンドゥー語で、日本語で表す言葉がないんですね。しかし、ジュガールを知ることでお金・仕事・恋愛・人間関係などの人生にかかわる全てのことを激的に良い方向へ変えることができるといいます。使い方次第では、苦境を一気に大逆転して好機に変えられるとも言われています。サチンチョードリー氏は、ジュガールの教えなどをセミナーなどでも日本人に伝授してくれています。

 

サチンチョードリー氏の交友関係

 

サチンチョードリー氏は、実に様々な著名人と交流関係があるようです。元ソニー会長・出井信之氏や内閣総理大臣・安倍晋三氏など、多くの著名人と交友関係を築いているそうです。

 

最後に。サチンチョードリー氏の経歴については、ここまで読んでいただいたので大体わかったと思います。彼が大きな影響を受けた「ジュガール」についても、興味を持った人がいるのではないでしょうか?もし興味があれば、インタビュー動画や記事などもインターネットで見ることができますので、チェックしてみてください。

プロジェクト2020の無料メルマガ登録はこちら

サチン・チョードリーさんの英語力は世界に通用するほどの実力

プロジェクト2020が斬新な英語教材として英語業界のみならず日本じゅうに話題が広まっていますが、開発者のサチンさんとはいったいどんな人なのでしょうか。プロジェクト2020はほんとうに体験する価値があるのでしょうか。

サチンさんの交友録は驚くことばかり

サチンさんはお父様が外交官の仕事をしている関係もあって、母国インドで生まれたあとの幼少期は日本で暮らしていたことがあります。時期的にちょうど日本がバブルのころで、そのあとはインドに帰国してインドの大学に入学しています。大学を卒業したあとに再び日本に訪れています。このとき、言葉の壁にぶつかってサチンさんはだいぶ苦労したといいます。

その壁を乗り越えて日本語を流ちょうに話せるまでになりました。英語も日本語も自在に操れることを武器に、サチンさん独自のライフスタイルを確立していきます。サチンさんがこだわっていたことは、日本語を話せるようになるだけでなく、日本の文化や日本の心を理解することでした。その結果、幅広い交友関係を築き上げてきたのです。驚くことに、安倍総理大臣や元ソニーの会長の出井伸之さんなどとも交友関係があるというのです。

プロジェクト2020で独自のコーチングを披露

これまで1万件を超えるコーチング実績を誇るサチンさんですが、日本企業でも豊富なコンサルティングの実績を残しています。外国人でありながら多くの日本の大企業に向けたコンサルティングの実績ですから、大企業の間では優秀な講師としてその名をとどろかせています。

そんなサチンさんが開発したのがプロジェクト2020という英語教育番組です。この番組内ではグロービッシュというインド式英語をテーマに番組が進行しています。グロービッシュというのはシンプル英語とも呼ばれていて、英語が苦手な日本人でもマスターしやすいと話題になっています。シンプルなのに海外のどの国でも通用する英語なのでワールドワイドコミュニケーションが可能となります。

英語は必ずしもネイティブでなければならないということはありません。シンプル英語でも十分通じるのです。プロジェクト2020は中学校レベルの英語でも問題ないといいます。英語を話せるようになるのに問題はなく、会話が通じるための単語を1,500個程度覚えればいいというのがプロジェクト2020の教育法なのです。英検でいうと4級が1,300個なので、だいぶハードルが低いといえるでしょう。

プロジェクト2020の無料メルマガ登録はこちら

英語が堪能なサチン・チョードリーはどんな人?

サチンさんは日本人の心を持つ外国人と言えるかもしれません。諸国の文化をとても大切にする方なので、日本ではお歳暮やお中元などを贈る習慣もあるようです。また、難しいと言われている箸遣いもすでに習得していて、和食を堪能するときは箸を使うことも普通になったといいます。

そんなサチンさんがなぜこれほど注目されているのかというと、英語に強い苦手意識を持つ日本人に新しい形の英語学習を提案したこともきっかけのひとつになっているのでしょう。プロジェクト2020というのは、2020年まで英語を話せる日本人を増やすことを目的に開発されました。英語を話す日本人が増えると、安心して日本へ訪れる外国人が増えるだろうというのがサチンさんの考えなのです。

事実、外国人が日本へ旅行にきたとき、英語を話せない日本人が多いことに驚くという話も聞こえてきます。プロジェクト2020の目標が達成されたら、サチンさんの考えもどんどん形になり、英語を話せる日本人が珍しくなくなる時代がくることでしょう。

そもそもプロジェクト2020とは、実際に体験した95%近くの人たちがその効果を体感しています。プロジェクト2020の大きなポイントとなるグロービッシュはとてもシンプルで覚えやすい特徴を持っているので、英語が苦手でもスルスルと英語力が身についていきます。シンプルでも世界で通用する英語力に引けを取りません。

プロジェクト2020で英語を学習するとき、必要なのは中学校レベルの英語力で十分と言われています。そのため、中学校以来英語が苦手という方でも積極的に取り組める英語教材なのです。プロジェクト2020で配信されている無料番組の中でサチンさんは、なぜ日本人が英語に対して苦手意識を抱いているのか、その理由を丁寧に解説しています。その話を聞くだけで苦手意識がなくなり、プロジェクト2020で学ぶ姿勢が整っていきます。新しく膨大な数の単語を覚える必要はありませんし、新たにいくつもの文法を学ぶ必要もありません。あくまでも、日常的によく使う文法と単語だけが記憶されていけば海外でも使える英語が身につくというのがプロジェクト2020が推奨する新しい学習法なのです。

合計4回の無料レッスン番組はスマホがあればだれでも無料で視聴できます。コーチング型学習の新しい英語教育をぜひ体験してみませんか?

プロジェクト2020の無料メルマガ登録はこちら

プロジェクト2020!サチン・チョードリーの英語にログイン
タイトルとURLをコピーしました